本を参考にして自分のタイプを知る

私は昔ファッションには疎かったので、東京に出かける時など、いつも自分で選んだ服を母に見せるたび「ダサい」とダメ出しされていました。
なのでファッションの本を2冊(《似合う服の法則でずるいくらい美人になっちゃった!》と《本当に似合う服に出会える魔法のルール》)を買い熟読しました。

その本には両方とも「パーソナルカラー」と「自分の骨格」を知ることが大切だと書かれていたので、本に従って自分がどの色やタイプに当てはまるのかを調べ、
どんな服やアクセサリーが似合うかなども書いてあったのでそれらを参考に服を買い始めました。
今までは動きやすさ重視でジーンズとシャツしか買わなかったのですが、
本を読んで視野が広がり前まで履こうとも思わなかったカラーパンツやスカート、ヒールにも挑戦するようになりました。

私がここまでファッションにこだわれるようになれたのは、本のおかげです。
本を読むまではSNSで好きな芸能人や雑誌のモデルさんの服を参考にしていましたが、それだと例え服は好きでも似合わないことが多かったからです。
今はファッションがとても楽しく感じるのでこれからも本を読み返しつつ、自分が好きな服を探していきたいです。