馬に乗る中で、自分が目指すこと

私は子どもの頃から乗馬をしており、約10年以上の馬歴があります。
間の数年間ほど、体調の関係で乗れなくなってしまった期間があったのですが、ずっと好きだった乗馬を諦めることができず、現在はこれまでとは別の場所で乗っています。

乗馬と一言で言っても、目指すところは人それぞれで異なり、かつては障害飛越もしていましたが、今はあまりそちらには気が向かず、馬場馬術の方だけしています。
現在は多種多様な馬(一般的な小さなポニーから、サラブレッド、大きめの中間種の馬まで)に乗ることがありますが、
その馬の運動内容について考えることが私の趣味となっています。

自己満足で終わることなく、馬に対する自分の扶助の伝わり方や接し方など、日々馬を扱う立場となって初めて見えてくることも多くあります。
その馬の特性はもちろん、癖や人間への態度などについても興味深く感じますし、
ただ決まった時間内で決められたことを馬に強要して終わるだけでなく、少しでも馬に自分の意図を伝えられるようやっています。